時効警察

時効警察 帰ってきた時効警察

テレ朝で金曜日深夜にひっそりと(?)放送されていた、小ネタ満載のコメディ・ドラマです。

実は私、かなり楽しみにしていました。
深夜枠にしては結構な視聴率を叩き出したせいか、2007年4月より同枠でパート2となる「帰ってきた時効警察」も放送されています。

監督・脚本は、映画「亀は意外と速く泳ぐ」の三木聡氏。
時効が成立した事件を、まったく自分の趣味で捜査している警察官が主人公なのですが、まぁ、仲間由紀恵の「TRICK」に似た感じの構成のドラマです。

ピーポ君を不健康にした感じの妙なキャラ「そーぶ君」や、自白した犯人に(もう時効だから)「誰にも言いませんよ」カード渡す警察官。
かなり芸が細かくて、豊原功補、ふせえり、光石研などの個性的な俳優さんががっちりと脇を固め、こりゃウマイなぁとえらい感心してしまった。

個人的には、三日月君が催眠術にかかって、ベランダで歌っちゃう話が忘れられません。(帰ってきた時効警察)

あと、毎回、有名な俳優さんがゲスト出演するのもいいですね。

これ、三谷幸喜氏の「HR」より面白いんじゃないかと。


作品情報

題名 : 時効警察
題名 : 帰ってきた時効警察
制作 : 2006年・2007年(テレビ朝日)
監督 : 三木聡
脚本 : 三木聡
出演 :   豊原功補 ふせえり 光石研


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 時効警察

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.1peewee.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/166